MESSAGE YOKO YAMASHIRO

PRODUCER
プロデューサー

CARRER
TREAT Co.,Ltd.
プロデューサー/ バイヤー / デザイナー

2004年株式会社Plan・Do・See入社。
2007年、ウエディングプランナーを経て
「THE TREAT DRESSING」を立ち上げる。
バイイングはアパレルウェア、アクセサリー、
生地やインテリアなども幅広く手がけるまでになり、
年間100日以上を海外で過ごし、
常に世界各国のトレンドの中心に触れている。

2012年独立し「Yoko Yamashiro Designs」を設立。
「心くすぐられる世界を創造する」をコンセプトに、
ブランディングプロデュースをはじめ、
パッケージやブランドロゴなどのグラフィックデザイン、
撮影やWEBサイトのディレクションなど、
ウェディングの枠を超えて、
様々な分野において幅広く手がける。

「日本の花嫁をもっと素敵にもっと美しく」
私たちTHE TREAT DRESSINGが掲げるテーマでありいちばん大切にしていること。
それは10年経った今も変わりません。
ただ結婚式に関する価値観、ドレスに対する価値観はこの数年で大きく変わってきているように感じます。
完璧なまでにコーディネートする美しさから、肩の力を抜く美しさを追い求める時代へ。
キーワードは「自分らしさ」や「オリジナリティー」。
個性を重視して自分らしいおしゃれや、自分らしい花嫁像を見つけようと花嫁たちはSNSをはじめとする、さまざまな媒体で情報を得ようとしています。
これは大きな変化です。
幼い頃からずっと描いていた花嫁像というものが何年も何十年も変わっていないままの日本の花嫁が、この数年で急激に変わってきているのです。

おしゃれに、洗練された、自由な花嫁たちは、
スカートの丈は短いほうがいい。
トップスはTシャツやニットにしたい。
新郎もこだわってタキシードやアイテムのチェンジを楽しもう。
靴は何色にしようかな。
ヘアースタイルだけはクラシックで etc…
ウェディングドレスの色ですら、白のドレスからグレーやベージュ、ピンクなど自分の肌や個性に合わせたものを選ぶようになってきています。

それってなんて素敵なこと!
日本のウエディングがどんどんおしゃれに、そして自分の個性を楽しんでいる素晴らしい変化です。
私たちが目指している 「日本の花嫁をもっと素敵にもっと美しく」のミッションが少しずつ実現しているようです。
この花嫁の変化や、新しいアイデンティティーを 私たちTHE TREAT DRESSINGはもっともっと広げていきたいし、そのお手伝いをしていきたいと思っています。
世界中の旬のドレスたちをセレクトし続け、常に最新の情報をキャッチアップし、その情報をお届けすることで、花嫁のおしゃれの領域さをさらに引き出せるお手伝いができるはず。
もっと素敵にもっと美しく。
そのスローガンは今もこれからも変わりません。

ENTRY