ウエディングドレスならザ・トリートドレッシング

THE TREAT DRESSING

  1. TOP > 
  2. 着物・和装 レンタル > 
  3. 本振袖

本振袖

元来、打掛を着た後のお色直しとしての
着物が引き振り袖だったと言われています。
おはしょりを取らずに袖を引く、その優雅な姿が
女性らしく凛とした印象を放ちます。

  • ショップリスト
  • ご来店予約
  • レンタル本振袖
  • レンタル本振袖
  • レンタル本振袖
  • レンタル本振袖 実り豊かな秋ならではの、味わい深い色合いのコーディネートは奥ゆかしさを感じさせます。木の実を混ぜたブーケをあわせ、ワンランク上のコーディネートに
  • 豊満な菊や洋の趣をたたえる草花が波頭とともに大胆に配された引き振袖です。華やぎに満ちた朱赤や紅を中心に彩られるも、黒と松葉色が溢れる色彩を引き締めて、艶がありながら淑とした印象に仕上がっています。大胆かつ優美な時代の空気を伝える秀逸な一品です。

    NO.202-3668 豊麗菊花に波頭

  • 吉祥紋様である四君子の一つにあげられる蘭は、清楚な形姿と気高い香りで永く愛されてきました。手書き友禅であしらわれた白を基調とした蘭の花が黒地によく映え、上品さとモダンさを感じさせる逸品です。

    NO.202-3648 胡蝶蘭

  • 四季の花々が盛んに咲き誇り、生命の明朗な輝きや自然と溢れ出す美が表現されています。衣裳いっぱいに広がる華やかな色彩が競演している一つの舞台を見ているかのごとく感じられます。紅梅の中に咲き誇る白梅は、打掛の醍醐味である豪壮さを感じさせます。

    NO.202-3277 栄華競映

  • 瑞花を盛り込んだ花籠や薬玉、鳳凰など様々な吉祥文様があしらわれた意匠を繊細な手描き友禅が鮮やかに彩ります。その間を本絞りで染め抜かれた梅や橘をあしらいました。古典的な美しさの中に愛らしさを凝縮した引き振袖です。

    NO.202-3666 梅香王朝文