• コーディネーター
    • Men's Coordinator
    • Dress Coordinator
    • Atelier
  • エッセンス
    • TREAT Shop
    • Essence of TREAT
    • Wedding Dress
  • スタッフインタビュー
    • OVER THE TREAT

      VIEW ALL

    • I AM TREAT

      VIEW ALL

  • カンパニー
    • COMPANY VISION
    • Philosophy
  • ブログ
    • リクルートブログ
    • トリートブログ
  • Entry
    • 新卒採用
    • インターンシップ
    • キャリア中途採用
    • アルバイト採用
  • instagram
HARUKA
MATSUMOTO

"ASSISTANT MANAGER"
アシスタントマネージャー

CARRER
2012年新卒入社
THE TREATDRESSING ADDITION店

QUESTION

Q1.なぜ入社を決めた?
一番の決め手は、トリートであればやりがいを持ちながら何年、
何十年後も成長し働き続ける自分の姿を
鮮明に描くことができたからです。
就職活動の際、私は2つの軸を持っていました。
1つ目は「女性が活躍し長く働き続けられる会社」であること。
2つ目は「心から自分が愛せる商品を扱っている」ことでした。
女性が9割の会社だからこそ、
家事育児をしながら働き続ける社員も多く、
トリートであれば女性のターニングポイントを経ても
仕事と家庭を両立しながら、
自分の夢も追いかけることが出来ると思いました。 また、長く働きたいと思うからこそ、
扱う商品を何十年後も自分が心から愛し、
お客様に自信と誇りを持って紹介できるトリートに決めました。

Q2.今のお仕事は?
現在は店舗のアシスタントマネージャーです。
一緒に働くメンバーをサポートし、
働きやすい環境に整える仕事をしています。
『誰かのために何かをしたい』という想いは今までは
「お客様の為に」でしたが「働くメンバーの為に」と変わりました。
他に、店舗の売上管理、
メンバーの教育、一緒に働くメンバーの採用、
今までドレスコーディネーターとして5年半培ってきた力を
幅広い部署や、会社を超えたBtoBの仕事にも発揮しています。
自分のキャパシティを広げ、毎日一つの仕事に絞らず
様々な業務に携わり人脈を広げていける今がとても楽しいです。

Q3.今の夢は?
“アシスタントマネージャーって毎日どんな仕事をしているの?”
まずはこれを知ってもらうことです。
何をしているのか見え難く、とても責任が重いように見えますが、
実はやりがいに溢れています。 その中の1つにアルバイト、
社員メンバーとの面談が2か月に1回あります。
面談では「将来こんな部署にいきたい」「表彰台に上がりたい」など
メンバーの想いを間近に聞くことができ、
年6回の面談を通して日々成長していくメンバーの姿を見ることは、
自分が成長することよりも嬉しい瞬間です。
こうして「メンバーの夢が叶うこと」が私の夢であり、
このような仕事の楽しさをキャリアプランの1つに
選んでもらえる人材を増やしていくことも、また、私の夢です。

Q4.面接ではどんなところを見ていますか?
基本的なことですが、こんにちは、
ありがとうございます等の挨拶や感謝の気持ちを伝えられるかは、
社会人の第一歩を踏み出す皆さんにとっては重要なことだと思っています。
また「トリートの人と働きたい」とお話してくださる学生さんは
“その人達と働いてどんな自分になりたいのか”、
「トリートの商品が好き」と伝えてくれる学生さんは
“競合他社と比べてなぜトリートの商品なのか”、
その他にも将来どんなお仕事をしたいか、
どんなドレスコーディネーターになりたいのか、
全てに『なぜなのか』を追求してみて下さい。
そしてその3、5、10年後の姿をカラーで描き、
自分の言葉で熱くぶつけてみて下さい!
必ずその気持ちを私達は受け取ります。


MESSAGE
内定をゴールにするのではなく、
入社してから自分のやりたいことと不一致を起こさないためにも、
是非『会社選びの軸』をしっかり持って就職活動を進めてください。
この軸は働きながらも継続されていきます。
社会人になったら仕事をしている時間が人生の多くを占め、
大変なこと、辛いことも沢山ありますが、
軸をしっかりと持ち続けていれば、入社後どんな困難も乗り越えられます。
面接では、熱い気持ちを是非自分の言葉でお伝えしてください。
トリートでは、皆さんが入社してやりたいことが叶えられるのか、
トリートに入社することが本当に幸せなのか本気で向き合い考えています!

スタッフインタビュー 一覧へ戻る
page top