YUSUKE
UNO

"MANAGER"
マネージャー

CARRER
2016年新卒
FORTUNE GARDEN KYOTO
dress salonマネージャー

QUESTION

Q1.どんな学生時代を過ごしていましたか
一番力を入れた事は音楽活動です。
学生時代は何事にも自分がチャレンジしたいと思う事には
積極的にチャレンジしていました。
その中で路上ライブやライブハウスを借りて演奏していたんですが、
自分の思いや相手に届けたい事を表現する事の難しさを学び
何度も修正し、相手に伝わった時の達成感が自分の中で楽しみになり、
もっとうまくなりたいという向上心にも繋がりました。
そうやって何かをする事で新しい自分に出会ったり
目標や夢を探すことを大切にし、学生時代を過ごしていました。

Q2.この会社を選んだ理由は
会社を選ぶ中で大切にしていた事は
自分が好きだと思える環境で仕事をすることでした。
その中で初めてトリートの会社説明会に参加した時
トリートが作り出す世界観と
商品のラインナップに心を奪われた事を今でも覚えています。
自分が心から愛する商品を海外に直接買い付けに行ける環境や
常に自分に刺激を与えてくれるメンバーと働ける事が
この会社の好きなところでもあり自慢です。
常にお客様をワクワクさせるような商品と
世界観を作り出すトリートが私は好きです。

Q3.仕事のやりがいはなんですか
「やっぱりトリートの衣装はかっこいいですね。」
と商品や世界観を認めていただける事が
仕事をする中で嬉しい瞬間です。
以前ご案内に入らせていただいたお客様に、
衣装のスタイリングは任せますと言っていただきました。
本来のタキシードスタイルをお伝えする事。
そこにトリートだからこそ可能に出来るスタイリングをご提案した後に
「こんなに普段と違う自分になれるとは思っていなかった。本当にありがとう」
と言っていただけました。
その言葉をいただいた時心からやりがいを感じました。

Q4.入社後変わったことは
入社後に大きく変わったことは
ファッションについての考えが大きく変わりました。
以前までは洋服は着れればなんでもいいと思っていたのですが、
トリートのに入社し取り扱っているインポートブランドの歴史や
コレクションを見る中で、
もっといろんなブランドを知りたい。
自分にはどんな洋服が似合うのか。など探究心が芽生えたと思います。


MESSAGE
私にとって仕事とは常に成長し続ける事です。
ご提案をする中で感じることは、
お客様一人一人にお衣装に対するこだわりがあり思いがあるという事。
その中で私たちの使命は
最良の1日を迎えるお二人に最高のコーディネートを提案し
どんなご要望でも柔軟に対応できるプロフェッショナルである事だと思います。
常に何かを学ぶ姿勢を怠らず、
自分を高め続ける事でお客様の満足感を得られることもこの仕事の魅力です。
プロフェッショナルである事、
それが自分の目指す仕事のスタイルです。

スタッフインタビュー 一覧へ戻る
page top