• コーディネーター
    • Men's Coordinator
    • Dress Coordinator
    • Atelier
  • エッセンス
    • TREAT Shop
    • Essence of TREAT
    • Wedding Dress
  • スタッフインタビュー
    • OVER THE TREAT

      VIEW ALL

    • I AM TREAT

      VIEW ALL

  • カンパニー
    • COMPANY VISION
    • Philosophy
  • ブログ
    • リクルートブログ
    • トリートブログ
  • FAQ
  • Entry
    • 新卒採用
    • インターンシップ
    • キャリア中途採用
    • アルバイト採用
  • instagram
NAYUKA
YOKOYAMA

"DRESS COORDINATOR"
ドレスコーディネーター

CARRER
2018年新卒入社
ADDITION店

QUESTION

Q1.どんな学生でしたか?
やりたいことが多すぎて、大忙な学生でした。
大学では大好きな被服の分野を専攻し、
衣料管理士という資格取得を目指し、
その一方で家庭科の教員免許も取るという、
大学生らしからぬ勤勉な生徒だったと思います。笑
プライベートでは、服を作ってファッションショーをしたり、
美味しいレストランでアルバイトをしたり、
世界を旅してまわったり、サックス吹きをしてみたり、
今思い返せばとても充実した学生生活でした。

Q2.なぜ入社を決めた?
「ここでなら、自分に正直に生きることができる。」
そう心から思ったからです。
これから先、1日の3分の1を仕事に費やすと考えたとき、
仕事をしている自分が最大限に輝いていられるかどうか、
それが私の仕事選びの軸になりつつありました。
生活のために好きでもないものを誰かに売り、
楽しいとは思えない環境で仕事をするということは、
自分に嘘をつき続けるということ。
もしそんな大人が世の中にたくさんいたとしても、
私はそうはなりたくない。
心から愛せるものを、自信をもってお客様にお届けできるのは、
他のどこでもない、本物のシルクのドレスを扱う
THE TREAT DRESSINGだけでした。

Q3.どんな面接だった?
トリートの面接は、自分と向き合う機会を作ってくださった、という印象です。
毎回の面接でじっくりと、自分自身の今までの人生や
これからの未来について耳を傾けてくださいます。
そして最後には必ず、フィードバックをくださるのです。
就職活動をしていて、フィードバックをくださる会社なんてどこにもありません。
この人は違うな、と思われたらメール1本でお別れを告げられるのが普通です。
面接を終え、もう一度自分と向き合う。
そして、もっと自分を知る。
トリートの面接では、知らなかった自分の一面をたくさん知りました。
もし入社に至らなかったとしてもそれは、私の人生にとって大切な時間でした。

Q4.この仕事を選んで良かったと思うこと
人生に一度、女性が最も輝ける日をお手伝いできることです。
先日、花嫁様が運命の一着に出会う瞬間に立ち会いました。
ご要望に沿うことだけがドレスコーディネーターの仕事ではありません。
私が心からその方に似合うと思いおすすめしたドレスに
袖を通していただいたときの、
花嫁様のキラキラとした表情が今でも忘れられません。
人生における大切な皆様が、おふたりのためだけに集まる大切な1日。
そのシーンでお召しいただく憧れのドレスをお任せいただける。
こんなに素敵なことってありません。
その方が最も輝けるドレスとスタイリングをご提案し、
一緒に結婚式をつくりあげていくことが、今は楽しくて仕方ありません。


MESSAGE
就職活動では、必ず悩む瞬間があると思います。
なかなか成果が出ず、自信がなくなったり、焦ったりすることもあるはずです。
でも私は、長い人生で見たときにかけがえのない時間になりました。
今まで自分がどんな人間なのか、どう生きてきたのか、
本気で考えたことがなかったのです。
就職を前に一度自分と真正面から向き合い、その自分をありのままで伝える。
それが就職活動を通して学生さんがやるべきことです。
自分自身の強い想いや軸が絶対にブレることのないように、
楽しみながら頑張ってください!

スタッフインタビュー 一覧へ戻る
page top