ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

kobe
神戸店

蝶ネクタイの結び方について

2021/07/19

フォーマルシーンでタキシードを身に纏う際に着用するアイテムである蝶ネクタイ。セレモニーや社交場でもドレスコードでブラックタイ(BLACK TIE)と指定をされる程、世界共通の装いであり欠かせないアイテムが蝶ネクタイなのです。

現在では蝶ネクタイの形状も様々ありますが、本来は手で結び形を形成するモノが主流でした。こちらのBLOGをご覧になられてる方の中でも手結びの蝶ネクタイをお持ちの方もいらっしゃると思います。TREATでお打ち合わせをする際に「手結びの蝶ネクタイを所有してはいるが、中々自分で結ぶことが難しく使用が出来ていない。」や「自分でなんとなく、結べるものの形が綺麗に整わない。」とお話しをお伺いする事がございます。そこで今回は蝶ネクタイの結び方が分からないという方の為に、どなたでも簡単に出来る蝶ネクタイの結び方とその蝶ネクタイに相応しいTREAT Gentlemanがお取り扱いするウェアをご紹介させていただきます。

蝶ネクタイの結び方についてご紹介します。

蝶ネクタイの結び方について

結婚式やパーティーでお召しになる蝶ネクタイ。素敵に結びたくてもなかなか方法が分からない方もいらっしゃると思います。そんな方の為により分かり易く、蝶ネクタイの結び方をご紹介してまいります。クラシカルなアイテムをこなれた手さばきで取り扱える事で、男性としても素敵に見えますので、こちらの動画でワンランク上の身嗜みを体現していただきたいと思います。

蝶ネクタイの結び方をご紹介。その①
①首にかけた蝶ネクタイの左右どちらかを長めにとる

蝶ネクタイの結び方をご紹介。その②
②短くした方の下に長い方をクロスさせる

蝶ネクタイの結び方をご紹介。その③
③楕円側の中心を折り曲げ、リボンの形を作る

蝶ネクタイの結び方をご紹介。その④
④同様に反対側も折り曲げ、リボンの形を作る

蝶ネクタイの結び方をご紹介。その⑤
⑤首リボンの間にできた小さい輪に通す

蝶ネクタイの結び方をご紹介。その⑥
⑥ネクタイと同様にディンプルを意識して整える


⑦完成

いかがだったでしょうか。蝶ネクタイには元々形づくられており、フックで簡易的におとめいただける商品もございます。そちらをお選びいただく事も選択肢の1つですが、不変的であり手で形作る事でしか表現できない洗練された着こなしを体現できる手結びの蝶ネクタイもとても魅力的です。こちらの動画をご覧いただき沢山のシーンで手結びの蝶ネクタイを活用いただけると幸いです。

さて、蝶ネクタイの結び方が分かったところでその蝶ネクタイを合わせるにふさわしい装いについてご紹介をさせていただきます。

蝶ネクタイを合わせるスタイルとは?

ブラックタキシードを着用する際には、蝶ネクタイやウィングカラーシャツなどのフォーマルなアイテムを合わせる事がドレスコードです。

蝶ネクタイを合わせるスタイルとしてもっとも有名なのは世界的なドレスコードとして認知をされているブラックタイ(BLACK TIE)、タキシードを表したスタイルとされております。
150年以上の歴史があるタキシードは、時代の潮流の影響を受けず、セレモニーなどでは最も格式の高い男性のフォーマルウェアとされています。日本では婚礼衣装やレッドカーペットなどで着用するものとして浸透しておりますが、欧米のビジネスマンにとってはもう少し身近なものとして存在しています。最愛のパートナーをエスコートする紳士としてグローバルスタンダードであるタキシードを人生の大切な1日でお召しいただく事でよりお二人のスタイルを美しく昇華してくれます。

タキシードに合わせるアイテムですが、シャツはウィングカラーという、立ち襟のシャツを使用。鳥の翼のように襟先が折り返されて開いていることから「ウィングカラー」と名付けられました。フロントのディテールについてはフライフロントといい、ボタンホールとボタンが見えないように生地を2枚重ねた仕様となっております。首元には黒のボウタイ。ジャケットの胸元には白のポケットチーフを挿し込みます。ポケットチーフをお選びになる際にはシルク素材のホワイトチーフをチョイスすることがタキシードでは好ましいです。そして袖にはブラックオニキスのカフリンクス。足元は美しい光沢感と上品なリボンが特徴のオペラパンプスを合わせます。こちらのコーディネートを総じてブラックタイと呼びます。

身に纏うアイテム1つ1つに着こなしのルールがあり、そのルールを知る事で男性としての身嗜みを体現していただける事でしょう。

パーティーシーンではブラックタイというドレスコードの装いを身に纏う事でエスコートするパートナーを引き立たせる事が出来ます。

蝶ネクタイを合わせたおすすめのタキシード

TREAT Gentlemanでは、お二人がお過ごしになる最良の1日でお召しいただくウェアとお小物をお取り扱いしております。お客様一組一組に結婚式当日のコンセプトや着用したいスタイルのイメージがあるかと思います。その想いにお答えできるように、TREAT Gentlemanでは国内外から厳選した蝶ネクタイ、シャツなどのお小物を買い付けております。スタンダートなブラックやネイビーのサテン地のタイの他にトレンドカラーのブラウンや、華美な印象のホワイトタイなどその時のトレンドや季節感もしっかり反映いただけるような商品構成となっております。それと同時に大切になるはセレモニーでの主役である男性が選ぶにふさわしい装いである、正統なブラックやミッドナイトブルーのタキシードは男性らしさや、品格と知性を感じさせます。結婚式、そしてフォーマルの事を熟知した私共だからこそご提供できるシルエットや拘り抜いたディテール、その1つ1つがお客様の魅力を引き立たせ、特別な時間を演出致します。

また、お色直しのシーンなどでお召しいただくカジュアルウェアも豊富に取り揃えております。大切なゲストの前で誓いを立てた後にお召しただくパーティースタイルはお二人らしさを存分に表現していただきたいと思っております。トレンドカラーであるベージュカラーで仕立てたジャケットや華やかなコバルトブルーのセットアップを使用したコーディネート。会場や装花のテイスト、そしてお二人が考えられるパーティーシーンでのコンセプトに合わせてあなただけのスタイルをTREAT Gentlemanのコーディネーターが丁寧にご提案させていただきます。

ゲストの方をもてなす主催者として、そしてこれから新しい人生を共に歩んで歩んでいく大切なパートナーの隣に並ぶ新郎様として。特別なお姿でお過ごし下さい。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

TREAT Gentlemanがお取り扱いするブラックのタキシード。男性らしいさと知性を感じさせます。

Tuxedo:300-04021
TREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)TREAT Gentlemanがお取り扱いするショールカラーのブラックのタキシード。タキシードらしい襟型が特別感を演出します。Tuxedo:300-04022
TREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)
TREAT Gentlemanがお取り扱いするショールカラーのネイビーのタキシード。モダンな印象のお色味がご新郎様のスタイルを美しく演出します。Tuxedo:300-04014
TREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)パーティーシーンにぴったりなベージュのジャケットスタイル。TREAT Gentlemanでは、カジュアルウェアも豊富にお取り扱いしております。
Jacket:300-09038
TREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)コバルトブルーのセットアップは華美な印象でお色直しをお洒落に演出します。Jacket:300-03994
TREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TREAT Gentlemanの最新情報をインスタグラムで紹介しています。詳しくはこちら>>>

もっとメンズスタイル・アイテムについて知りたい方はこちら>>>

お取り扱いしているブランドについてはこちら>>>

ご試着のご予約はこちら>>>