MENU

トリートドレッシング アディション ブログ

New York Bridal Week

2018/10/21

 

“New York Bridal Week”

 

1年に2度、ブランドが最新のコレクションを発表します。

今季も見ているだけで心が躍るような、素敵なドレスが溢れていました。

Bridal Weekの様子を一部、ご紹介いたします。

 

 

Lela Rose(レラ・ローズ)

ファッショナブルでありながらエレガント。遊び心たっぷりのデザイン。

THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)のスタッフにも、ファンが多いブランドです。

ドレスはもちろん、会場全体がLela Rose(レラ・ローズ)の世界観に包まれていました。

 

 

 

 

 

立体感のあるレースや、凛とした表情を魅せるバックスタイルは

女性心をくすぐられます。

 

 

 

 

さらっとお召いただける細身のドレスは、

ご結婚式当日も普段のファッションを楽しむように、自然体で過ごしていただけます。

おしゃれな花嫁様に、是非お召いただきたいブランドです。

 

MARCHESA(マルケーザ)

舞台衣裳のデザインを手掛けていた女性と、刺繍が得意な女性の2人がデザイナー。

誰もが目を惹くようなデザインが、今季も魅力的です。

 

 

 

 

チャペルの扉が開いた瞬間に、

ゲストの皆様の目が釘付けになるような圧倒的な存在感。

華やかな立体感のあるシルエットでありながら、しなやかな女性らしさを演出します。

 

 

 

誰もが見たことのないようなデザインでありながら、上品で美しい。

ドレスだけでなく、ベールもMARCHESA(マルケーザ)ならではのインパクトです。

 

ELIE SAAB BRIDE(エリー・サーブ)

バイヤーが何度も何度もアトリエを訪ね、やっとお取り扱いが許された、

王室のドレスも手掛けるラグジュアリーブランド。

極上の生地や装飾、計算しつくされたシルエットは、息をのむほど美しいです。

 

 

 

一つ一つ手作業で施されたビーディング。

柔らかな自然光が入った瞬間に、新婦様を明るく包み込むような輝きが生まれます。

 

 

 

 

今季もELIE SAAB BRIDE(エリー・サーブ)はウェディングドレスにベルトを取り入れ、

トラディショナルな中にクールさをプラスしています。

 

 

 

 

シンプルでありながら、計算しつくされたディティール。

お身体を通していただいた方のみ知ることのできる、360°どこから見ても美しいシルエット。

新婦様の真の美しさを引き立てます。

 

 

一日も早く日本の花嫁様にお召いただきたい、という気持ちでいっぱいです。

ご紹介した今季のコレクションのドレスは、来年春頃に店舗に到着予定です。

皆様お楽しみに。

 

 

 

 

THE TREAT DRESSING ADDITION店(ザ・トリートドレッシング アディション店)でのご試着はこちらから

pagetop PAGE TOP

close