MENU

トリートドレッシング アディション ブログ

Party report~Elizabeth Fillmore(エリザベス フィルモア)~

2018/11/18

【Date】2018.08.25

【Place】PALACE HOTEL TOKYO(パレスホテル東京)

 

爽やかに晴れた夏の日。

広大な青空と緑、そして丸の内の景色が広がるPALACE HOTEL TOKYO(パレスホテル東京)にて、

おふたりの人生の1ページが刻まれました。

 

 

 

新婦様が運命の一着に選ばれたドレスは、

【Dress】Elizabeth Fillmore(エリザベス フィルモア)

【Dress Number】100-09445 “ISOLDE”

 

 

透き通るようなシフォンに美しいソルティスレースを併せた優美な1着。

背中に揺れるブラックシフォンのリボンは、Elizabeth Fillmore(エリザベス フィルモア)の代名詞でもある

「モダン・ロマンティック」な世界観を体現。

 

2018AW NY Bridal Fashion Weekでは、ウェディングドレスに”Something Color (何かひとつ白以外の色)”を取り入れることが

最旬のトレンドとして話題をさらっていました。

 

 

甘さの中に少しのスパイスを効かせたデザインは、

ウェディングドレスの持つ魔法のような高揚感をかき立ててくれます。

 

 

パーティースタイルは、ゆるやかに巻いたヘアをサイドに流し、大振りのイヤリングでエレガントに。

ブーケもElizabeth Fillmore(エリザベス フィルモア)の妖艶な女性らしさを引き立てるパープルをセレクト。

 

 

新郎様はミッドナイトブルーのタキシード。アメリカ発祥のショールカラーで、最良の1日にふさわしい特別感を。

【Tuxedo】THE TREAT DRESSING GENTLEMAN(ザ・トリートドレッシング ジェントルマン)  300-04014

 

 

“ISOLDE” それは、永遠にお互いを愛するという惚れ薬を飲み、恋に落ちた伝説上の花嫁の名。

このドレスを身に纏った花嫁は、永遠の愛を手にすることでしょう。

 

新たな人生のストーリーが始まる、大切な1日をお手伝いさせていただけて、本当に幸せでした。

おふたりの幸せがこの先もずっと続いていくことを、心より願っております。

 

pagetop PAGE TOP

close