MENU

トリートドレッシング 京都 ブログ

LE POINT D’ALLIANCE

2014/08/22

夏の日差しが気持ちのいい毎日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
街のお店では、一足早く秋物のお洋服が多く並ぶようになりました。
トレンチコートやブルゾン、気になる秋のアイテムに目が奪われますね。

さて、本日は先日ザ・トリート・ドレッシング京都店の提携先の一つである
「ル・ポワン・ダリアンス」に行ってまいりましたので、皆さんにご紹介したいと思います。
20140822 8.jpg
その会場は滋賀の自然の中現れます。
琵琶湖と人の手が加わっていない自然のグリーンを同時に楽しむ事の出来る
滋賀県でもっとも自然溢れる、ハイセンスなウエディングスペースが印象的な会場です。

20140822 13.jpg
20140822 m.jpg
結婚式とは、お二人にとってかけがいえのない人生の瞬間。
その大切な場所であるべき式場の多くが、一日に何組もの挙式をこなすためにしている工夫
それは花嫁様同士が出会わない為の目隠しを設けることや、細かい時間調整を駆使して多くの挙式をこなしていく事。
ル・ポワン・ダリアンスでは、結婚式をより神聖で厳かなものだと考え
年間の挙式数を80組までと決め、一日に一組の挙式しかお受けしない。
このコンセプトをもとに、お二人の大切な結婚式を進める事が出来ます。

お式は、グリーンを感じるオープンテラスの人前式かチャペルをお選びいただけます。
201408222.jpg
20140822 hg.jpg
結婚式当日通常であれば、朝の早い時間や会場へ向かう車の中、メイク中
に朝食を取られる新郎新婦様が多いのではないでしょうか。

ル・ポワン・ダリアンスでは、お二人のお控室で朝食を召し上がる事も出来るそうです。
オシャレな空間の中にも、落ち着きのある空間の中で色々な想いの中過ごす時間は大切ですよね。
結婚式が終わると、こちらのお部屋でゆっくりと時間を過ごされるお二人も多いようです。

20140822 0.jpg
私たちがお邪魔した時間は、ちょうど目の前に広がる琵琶湖のサンセットを見る事ができました。
スタッフの方のお話しの中で、春は桜・秋は紅葉・今の季節はグリーンを。
季節を感じる事のできる場所だそうです。
下にあるレストランでは、四季折々の素材を使用した、繊細で大胆なお料理を召し上がっていただけます。

20140822 s.jpg
結婚式をした会場は、お二人にとっても、ご家族にとっても思い入れのある場所へと変わります。
記念日や、新しい家族でできた時、帰る場所として・・・
皆さんの大切にするポイントは何か。
お二人で、もう一度考えてみてはいかがですか。

ザ・トリート・ドレッシングでは、世界中よりル・ポワン・ダリアンスの会場に合うドレスのセレクトをしております。
是非、ショップで感じていただければ幸いです。
皆さんとお会いできる事を楽しみにしております。
20140822 12.jpg

 

(さらに…)

What is your style?

2014/08/14

ウェディングパーティをお二人らしく彩るデコレーション。
ザ・トリート・ドレッシングでは、お二人のお衣裳だけでなく
お衣裳選びの時間の中で、ブーケ・ヘアメイク・トータルコーディネートの
ご提案もしております。

本日は、今季注目されている「ボタニカル」をテーマでご紹介いたします。
2014・8・14 なつき2.jpg
ボタニカルという言葉。
今年ファッションのシーンでも、「ボタニカル柄」というワードを
よく耳にしているのではないでしょうか。

花柄との違いは、草木をメインモチーフにしていること。
ウェディングのシーンでも、ボタニカルを取り入れてみませんか。

ナチュラルで優しい印象を与えるだけでなく、洗練された美しさや
生命力を感じられるコーディネートは、トレンドに敏感でいて個性的な
マイスタイルを貫く強さを持つ、そんな花嫁様にピッタリです。
2014・8・14 なつき5.jpg
2014・8・14 なつき4.jpg
草木染めをした布を天井から垂らしたり
手作りのリースを壁に飾るだけで空間全体がボタニカルな雰囲気に。
2014・8・14 なつき.jpg
テーブルの上も、沢山の緑で彩りましょう。

深緑の葉は、スタイリッシュで大人っぽい印象に
淡緑の葉は、アンティークで優しい印象になります。

アクセントカラーとして、お気に入りの花を加えると
グッと華やかなテーブルコーディネートになります。
2014・8・14 なつき7.jpg
今の日本のブライダルシーンの型にはまったコーディネートに飽きていませんか。

好きなドレスを選ぶ感覚で自分の好きな空間をつくってみてはいかがでしょうか。
2014・8・14 なつき6.jpg

Men’s new wear

2014/08/06

フォーマル(formal):一般用語
型にはまった、正式の、本式、形式にかなった、改まった、格式張った、などを意味する英単語

フォーマルってかっこいいですよね。男だったら「正式」だったり「スタンダード」という言葉やスタイルに
少し弱いのではないでしょうか。

さて、冒頭から長々と触れている「フォーマル」についてですが、
フォーマルなウェア、つまりタキシードはすでに1886年から確固なスタイルが決まっております。
そのスタイルをベースにした新作メンズウェアが二着入荷したので紹介致します。

写真 1 (1).JPG

J/V/P:300-4014/NVY
¥72,000-

TIE:C03-33D/BLK/Satine
¥9,000-

写真 3.JPG

Pocket-chief:C05-09E/GRY/Check
¥5,900-

 

写真 2 (2).JPG
J:300-4009/GRY/Scotch flannel¥45,000-

V:300-4009/GRY/Scotch flannel¥18,000-

P:300-4009/GRY/Scotch flannel¥17,000-

TIE:C03-33D/BLK/Satine
¥9,000-

写真 2 (1).JPG

Pocket-chief:C05-7I/BLU/Camouflage
¥5,900-
ネイビーとグレーのショールカラー二着です。

言わずと知れたフォーマルスタイルです。
グレーはほどよく起毛させており、秋~冬での挙式にぴったりですね。

また、グレーはジャケット、ベスト、パンツを単品でレンタルしていただけます。
下記のようにベストのみ組み合わせても素敵ですね。

写真 1.JPG

TIE:C03-310/GRY
¥9,000-

この二着以外にも、フォーマルからインフォーマルまで取り揃えております。
タイ、チーフなどのアイテムも様々ご用意がございます。
ご自身だけのスタイルをご一緒に考えていきましょう。