MENU

トリートドレッシング 京都 ブログ

Men’s ~Color Shirts Coordinate~

2016/08/30

皆さま、こんにちは。
いつも THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング) 京都店のBLOGをご覧いただきありがとうございます。
 
もう夏も残りわずか、秋を迎える準備は整っておりますか?
 
今回は、普段ウェアの下に隠れておりますが、当日は色味によってご新郎様のお顔の印象を左右し、
お召しいただくお小物の中ではもっとも占める面積の大きいシャツについて、
その中でもお色直しなどでお召しいただけるカラーシャツをご紹介させていただきます。

トリート TREAT シャツ.JPG

AVINO Laboratorio Napoletana(アビーノ ラボラトリオ ナポレターナ)
カラーシャツ Avino AVINO.JPG

Avino AVINO シャツ トリート.JPG

イタリア語で「ナポリの研究所」を意味し、名前の通りナポリの職人達の技術が詰まった1枚。
2001年にテーラリングの経験を積んだ、Francesco Avino氏がイタリアで設立したブランド。
マシンメイドが中心の昨今のシャツの中で、Avinoのシャツは着心地に影響を与える箇所を中心に8箇所を手縫いで処理し、
さらに繊細なカッティングの技術、まるでニットのような柔らかい袖付け施しており、更に高番手の糸を使用している為
着心地がとても滑らかでお召いただきやすいものとなっております。

Avino ラウンドカラー シャツ.JPG
こちらのシャツはラウンドカラー。クラシックな印象は保ちつつ、柔和な雰囲気に。
お式後のデイリーにも落とし込みやすい1枚です。

Avino セミワイド デニムシャツ.JPG
こちらはセミワイドカラーのシャツ。数多くあるカラー(衿)スタイルのドレスシャツの中でも
最も伝統ある英国的なスタイルを受け継ぐドレスシャツ。よりスタイリッシュな印象に。

コーディネート カラーシャツ トリート.JPG
Tuxedo(タキシード):4002/BLK
Tie(タイ):33C/NVY/ TREAT Original(トリート オリジナル)
Chief(チーフ) :4LA/NVY×BRN/Fiorio(フィオリオ)
 
ブラックのダブルのタキシードには、ラウンドカラーのシャツを。ネイビーのサテン地のタイを合わせてクラシックな印象に。
胸元にはブラウン×ネイビーのポケットチーフを合わせて落ち着いた大人エレガントなスタイルに。

トリート 秋冬 コーディネート.JPG
Tuxedo(タキシード) : 4009/GRY
Tie(タイ) :5CV/BLK/Jupe(ジュップ)
Chief(チーフ) :59K/BLK×NVY/Fiorio(フィオリオ)
 
上質で個性的な生地産地として知られる北欧スコットランド・グレンアカートで織られた格子をモチーフとした
こちらのタキシードにはデニムシャツを。タイはブラックで遊び過ぎず、
チーフはタキシードと素材感を、シャツと色味を揃えてまとまりのあるコーディネートに。
 

Errico Formicola(エッリコ フォルミコラ)
Errico トリート シャツ.JPG
Errico Formicola(エッリコ フォルミコラ)は、2008年にスタートしたナポリのシャツブランド。
ネクタイやシャツを中心に、スーツやジャケットまで幅広いアイテムを手がけている。
細身のラインでありながらストレスを感じない着心地を生み出し、伝統的なナポリのハンドメイド技術を駆使した縫製と、
イタリアシャツ特有の発色の良さが特徴です。種類も豊富に2型6種類ご用意しております。立体的な縫製ゆえに着心地とシルエットは抜群。

Errico シャツ トリート.JPG
こちらの3色はホリゾンタルカラー。カジュアル、ビジネスどちらでもご使用頂ける衿元。

シャツ TREAT カラーシャツ.JPG
こちらの3色はラウンドカラー。ポイント(先端)も丸みを帯びており、より柔和な印象に。

カラーシャツ Errico トリート.JPG
Tuxedo(タキシード) : 8008/GRY
Tie(タイ):29S/GRN/Jupe(ジュップ)
Chief(チーフ):54S/GRN/TREAT Original(トリート オリジナル)

トレンドのグレーのタキシードにはシャツ・タイ・チーフと爽やかなグリーンの小物で統一。
お小物を変えるだけでフォーマルスタイルとはまったく違い、ドレスダウンしたパーティースタイルに。

タキシード コーディネート トリート.JPG
Tuxedo (タキシード): 3997/MRN
Tie(タイ):5B6/BLK/Fiorio(フィオリオ)
Chief(チーフ):28S/BRN×NVY/TREAT Original(トリート オリジナル)

暖かみのあるこちらのタキシードには深みのあるネイビーのシャツを合わせて
重厚感もありながら二ットタイで少し遊びも利かせたシックなスタイルに。

直接ご新郎様のお体に触れる“肌着”の生地。ぜひ、シルエット、着心地にこだわってお選び頂いてはいかがでしょうか。
 
THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング) では、ご新婦様だけでなくご新郎様にも
ご自身らしいコーディネートをしていただけるよう、メンズウェアや小物を幅広く取り扱っております。
 
会場やパーティーのコンセプトにあわせてお二人でウェア、お小物を選び、お二人らしい衣裳でぜひ当日をお迎えください。
 
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)京都店でのご試着はこちらから

VERA WANG BRIDE(ヴェラ・ウォン・ブライド)Fitting&Orderイベント

2016/08/26
世界中の花嫁が夢見るウェディングドレスの最高峰といえば、NY発信のVERA WANG BRIDE(ヴェラ・ウォン・ブライド)
洗練されたデザインと最高のクオリティが人気の秘密。

VERA WANG BRIDE(THE TREAT DRESSING)①.JPG

デザイナーのヴェラ・ウォンはファッション誌VOGUEの最年少エディターとして16年務めるなどキャリアを積んだ後、
1990年、自身の結婚を機に自身のブライダルサロンを創設。ブライダル業界に大きな革命をもたらした、トレンドを牽引するトップブランドです。
毎シーズン、ブライダル業界の既存概念にはない提案がなされており、後に必ずやネクストトレンドとなり、世界中に影響を与えることとなります。
そのモードなエッセンスが絶妙なのもVERA WANG BRIDE(ヴェラ・ウォン・ブライド)の醍醐味。

VERA WANG BRIDE(THE TREAT DRESSING)②.JPG
VERA WANG BRIDE(Liesel).jpg
 VERA WANG BRIDE(NAYA).jpg
ヴェラ・ウォンの抜群のセンスに、ほかの誰もが真似できない高度なテクニックがなし得る完成度の高さ。
さまざまなファブリックを知り尽くした彼女ならではの独特な視点や才能から生み出されるデザインは
繊細かつ大胆で細やかなディテールを感じさせる、計算し尽くされたものばかりです。

VERA WANG BRIDE(Lisbeth)③.JPG
繊細で空気のようなレイヤード、フェミニンでロマンティックな甘さを漂わせるドレスは、
芸術的なまでの美しさと圧倒的な存在感で女性の美しさを最大限に引き出します。

VERA WANG BRIDE(Lisbeth)②.JPG 
モダン且つ繊細なファブリック、ディテールゆえに、一点ずつがオーダーメイド。
そこから感じられるもの。それは、完璧な状態で花嫁様に纏って欲しいという、本物のドレスを生み出すデザイナーの強いポリシーとドレスへの愛情の表れ。

花嫁様の身体に触れる内側の素材も、シルクの素材にこだわられているため、軽やかで、抜群の着心地。
試着された花嫁様は、皆様その着心地の良さにも驚かれます。
 
そんな特別なブランド、
VERA WANG BRIDE(ヴェラ・ウォン・ブライド)のフィッティング&オーダーイベントを
10/3~10/9の間、京都店にて開催させていただきます。

VERA WANG BRIDE(Penelope).jpg
VERA WANG BRIDE
FITTING & ORDER
EVENT 

10月3日(月)~10月9日(日)
この期間中にオーダーいただいたお客様には、特別なプレゼントをご用意しております。

 
下記店舗でも、同期間にイベントを開催いたします。

大阪店
http://www.treatdressing.jp/ttd/shop/11.html

フォーチュンガーデン京都店
http://www.treatdressing.jp/ttd/shop/05.html

運命の一着に袖を通し、新婦様だけのトータルコーディネートをご提案させていただきます。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 
 
THE TREAT DRESSING京都店でのご試着はこちらから

FURIAN山ノ上迎賓館~Original Wedding Style~

2016/08/25

いつもTHE TREAT DRESSING 京都店のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、京都店の提携会場の一つであるFURIAN山ノ上迎賓館についてご紹介いたします。
 
かつて邸宅、迎賓館だった頃の面影を残す門をくぐれば、四季折々に美しい木々のトンネルが玄関までご案内。

TREAT FURIAN 提携会場 トリート.jpg

会場には想いを込めたふたつのシンボルがあります。
それは「鶴」と「円」。
館内に多く描かれている「鶴」にはFURIAN(不離庵)の名前の由来ともなった、夫婦仲むつまじく一歩も離れない「寸歩不離」の心と夫婦の絆を表しています。
バンケットルーム、チャペルの「円」のモチーフには、FURIANがご夫婦の大切な「縁」を結ぶ場所で在り続けたいという素敵な想いが込められています。  
そんな素敵な想いが沢山込められた会場は、和洋の美しさが響き合う空間でもあります。
 
今回は、FURIAN山ノ上迎賓館だからこそ、そしてTHE TREAT DRESSINGだからこそ叶うウエディングスタイルも一緒にご紹介いたします。
 

チャペルは厳かな空気の中に、ふんわりと香り立つような自然の心地よさが漂います。
天井にはバージンロードをエスコートするように「円」が連なり、一歩進むたびに末永いご縁を感じていただけます。
TREAT FURIAN 提携会場 フリアン.jpg
木に包まれた温もりあふれる空間には、クラシカルな中にもナチュラルな印象でお召しいただけるANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)の一着を、、、

TREAT ウエディングドエレス アントニオ.JPG
ANTONIO RIVA:100-9212
シルクならではの艶やかさとアイボリーのお色味は、洗礼された花嫁姿を演出してくれます。
  
また、シンプルなデザインだからこそ煌めくビジューがアクセントに。
トリート ANTONIO RIVA TREAT.JPG
クラシカルなスタイルはもちろん、モダンなスタイルもトータルコーディネートによって楽しんでいただけます。
 
 
 
歴史ある日本庭園は、緑と風、光の祝福を受けながらFURIANオリジナルの人前式が行えます。
また、受け継がれてきた伝統を胸に夫婦の契りを交わす神前式を執り行うこともできます。
FURIAN TREAT 庭園挙式 フリアン (2).jpg
そんな歴史ある庭園でのお式は、庭園の草木を思わせる緑の色打掛を、、、

TREAT 梅 金糸 色打掛 緑 鶴 (2).JPG
色打掛:201-3863(作品名:飛翔雲取に梅花)
FURIANのシンボルでもある鶴が贅沢に金糸で施された色打掛は、和の雰囲気が漂う会場にはぴったりの一着。

トリート 色打掛 鶴 金糸 和装 TREAT (2).JPG
背筋がスッと伸びるような神聖さを感じていただける庭園でのお式は、きっとゲストの皆さまにとっても忘れないお式となるでしょう。
 
 
スタイリッシュモダンなバンケットは、テーブルクロスや装花のスタイリング次第でオリエンタルにも印象を変え、ドレスはもちろん和装も美しく映える空間。
TREAT FURIAN 提携会場 披露宴会場 トリート (2).JPG

日が沈むと緑あふれるガーデンの雰囲気は一変。
キャンドルの淡い灯りと煌びやかにライトアップされた幻想的な空間に。
TREAT FURIAN 提携会場 お庭 ナイトウエディング.jpg

色直しは挙式のクラシカルなスタイルから一変、シンプルでモダンなデザインが特徴のCHRISTOS(クリストス)のスレンダーラインを、、、

ウエディングドレス CHRISTOS トリート (2).JPG
CHRISTOS:100-8961

TREAT CHRISTOS ドレス ビジュー (2).JPG
宝石のように散りばめられたビジューが夜のガーデンに煌めき、ドラマティックな記憶に残るナイトウエディングを演出。
 
挙式・披露宴・ナイトウエディングと様々なシーンをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

美しい四季折々の移ろいを感じられる、祝福の邸宅FURIAN山ノ上迎賓館で、おふたりの新しい歴史を刻んでみてはいかがでしょうか。


【FURIAN山ノ上迎賓館】

〒520-0038
滋賀県大津市山上町10-5
TEL:075-524-3399

THE TREAT DRESSING京都店でのご試着予約はこちら

Leaf for Brides ~新作ウェディングドレス・カラードレスのご紹介~

2016/08/15

「日本の花嫁をもっと素敵に、もっと美しく」全てはこの想いから。

先日、私たちTHE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング) 京都店にてトリートオリジナルブランド“Leaf for Brides”(リーフ フォー ブライズ)の新作コレクションの発表が行われました。

トリートドレッシング

今回のテーマは“Garden Picnic”
Leaf for Bridesが得意とするパステルカラーを中心に、自然の草木やお花をイメージしたドレスたちがランウェイに並びました。
ウェディングドレス トリートドレッシング

今回のコレクションのドレスたちがTHE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)のショップに並ぶのは秋~冬頃の予定です。どんなドレスたちに出会えるのか、楽しみですね。

本物の素材や質感、シルエットやディテールやニュアンスを大切にした本当に着たいと思えるドレスを作り届けたい。
日本中の花嫁様が、もっと素敵にもっと美しく輝きを放ちますように、幸せな笑顔が溢れますように・・・
そんな想いが込められて生まれたのが、Leaf for Bridesです。

カラードレス トリート

モダンすぎず、クラシカルすぎず、大人すぎず、可愛すぎず。
どこにでもありそうで、どこにもなかったトレンドを上手に取り入れた心をくすぐるドレス。
インポートドレスのデザインの魅力はそのままに、日本人女性が綺麗に見えるよう
計算しつくされた美しさが、そこにはあります。
 
さて、今回のSHOP BLOGでは京都店でお取り扱いしているLeaf for Bridesのドレスの中から、
2016年Winter Collectionの新作ドレスをご紹介させていただきます。
 
コレクションテーマは“Princess”
子供のころに夢見た、絵本の世界に出てくるお姫様。
いつの時代も私たちの憧れであり続けるプリンセス。
クラシカルになりすぎず、ナチュラルさやロマンティックのバランスを意識したフェミニンなドレスたち。
袖を通すだけで特別な気分になれるドレスのコレクションです。

ウェディングドレス トリート
100-2912 ¥390,000-
 
シンデレラをイメージした1着。
幾重にも重なったチュールは内側から光を含み、やわらかくご新婦様の身体を包みます。
胸元の流れるようなビジューはフランスの生地の展示会、プルミエールビジョンで買い付けたもの。その繊細な輝きは息をのむ美しさ。

カラードレス トリートドレッシング
101-5033 ¥250,000-
 
オフショルダーのデザインが目を引くこちらは、オードリー・ヘップバーンをイメージしました。ウェストのラインがふっくらと立ち上がり、まさにプリンセスらしい1着。
キュートなピンクが女性らしさを一層引き出し、仕草までも可憐に見せてくれます。

トリート カラードレス
 101-5037 ¥320,000-
 
物語「ドン・キホーテ」に出てくるドルシネア姫は、実は主人公ドン・キホーテの空想上の人物です。気品が溢れる貴婦人の象徴である彼女。
深いネイビーに染め上げられたシルクタフタ。複雑なパターンで縫い上げられたシルエットは圧巻のひとこと。シックで大人なパーティーをイメージされているご新婦様にぴったりの1着です。
 

これらのドレスは、THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング) 京都店でご試着いただけます。

ご試着ご希望のデザインがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
皆様にご試着いただける日を、楽しみにお待ちしております。

THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング) 京都店へのご予約はこちらから

和装Fittingフェア

2016/08/11

日本の長い歴史の中で、“日本の伝統文化”として受け継がれ
愛され続けている“着物”
 
着物には様々な意味が込められた文様が施され
それぞれの文様には、婚礼の場にふさわしい
おめでたい意味が込められています。
 
ザ・トリートドレッシング京都店では、国宝級といわれる
伝統的な技術を施して仕立てられた特別な和装を
この度ご用意させていただく事になりました。
 

– フェア期間 –
9/24(Sat)・25(Sun)

 
色打掛(7660).png

色打掛(7660).jpg
 
 ◇No.7660 
表面に光沢を持たせるように織られた、高級織物でもある緞子地を用いた色打掛。
鶴と松竹梅が刺繍され、古典的な印象に。
鶴は穏やかな性格、そして長寿の象徴。松竹梅は忍耐強さと真心を持った人を表しています。

白無垢(2213).jpg

◇No.2213
本物の絹糸を用いた正絹緞子地の生地に、鶴・毬・しだれ桜が描かれた白無垢。
金糸で織られた鶴がとても印象的で、豪華絢爛に魅せてくれます。

毬には、嫁ぎ先で満ち足りた穏やかで平和な日々を祈るという意味が込められています。

花内屋

人間国宝とも呼ばれている職人の方の手により作られた和装。
アンティークな仕上がりは、どこかモダンで、粋な印象を醸し出し
日本女性の美しさを引き立たせてくれるのではないでしょうか。

是非、皆様もこの機会にご試着してみませんか。
ご来店楽しみにお待ちしております。

THE TREAT DRESSING京都店のご予約はこちらから

pagetop PAGE TOP

close