MENU

トリートドレッシング 京都 ブログ

蝶ネクタイ~Bow Tie~

2018/05/31

”蝶ネクタイ”

英語では”Bow Tie”といい、蝶結びにして着用するネクタイを意味します。

そのリボンのようなデザインから
パーティーや、カジュアルなシーンで主に使用するものとお考えの方も沢山いらっしゃるはず。

しかしながら、タキシードのドレスコードが
黒の蝶ネクタイの意味を示す”Black Tie”と表されるほど、タキシードの着こなしには欠かせないアイテムです。

 

 

 

またその中でも、THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)がおすすめさせていただきたいのが、

「手で結び、作り上げる」タイプのボウタイ。

少しシャープで小ぶりなデザイン。
落ち着いた柔らかなカラーがお顔映りを上品に魅せます。

爽やかさを感じさせるカラーリングは
これからのシーズンのパーティーにぴったりではないでしょうか。

 

 

デザインの入ったタイプは、よりモダンな印象に。
動きの出る手結びのタイは自由自在に大きさを変えられるため、それぞれのお客様に合った個性を演出していただけます。

結ぶ一手間はあれど、手で結ぶことで特有の風合いや立体感が生まれ、美しさを感じさせる。

特別な1日だからこそ、こだわりの詰まったアイテムでお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)京都店でのご試着のご予約は、こちらから>>>>>
タキシードや、メンズの小物についてもっと知りたい方は、こちら>>>

 

【新作】VIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ) Aライン

2018/05/26

いつも、THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)京都店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

木々の緑が目にまぶしく、心若やぐ季節となりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

この度、VIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)の新作ドレスが到着いたしました。

100-9464
VIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)/Aライン

フラワーモチーフのクリスタルが散りばめられたAラインのドレス。
ウェストマークは高めの位置になっており、縦長効果があり、
花嫁なら誰しもが望む、スタイルアップを叶えてくれます。

VIKTOR&ROLF MARIAGEは、
ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランの2名によって創設された、オランダのファッションブランド。
ふたりのデザイナーによって2016年より、ウェディングドレスが新たに提案されました。
オランダ王室のマーベル妃のウェディングドレスも彼らが手掛けています。

 

バックスタイルは大胆で、クロスしたデザインが魅力的。
スタイリッシュなデザインで、甘くなりすぎないリボンが女性心をくすぐります。

「想定外のエレガンス、コンセプチュアル・グラマー、挑発的クチュール」というブランドの軸に基づいた、どのカテゴリーにもはまらない革新的なブランドVIKTOR&ROLF MARIAGEのドレスをお召しになり、
ご自身らしいブライズスタイルで最良の1日をお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご試着は、THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)京都店にて承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)のご試着のご予約はこちら>>>

もっとドレスをご覧になりたい方はこちら>>>

【新作】CAROLINA HERRERA(キャロリーナ・ヘレラ)スレンダーライン

2018/05/18

CAROLINA HERRERA(キャロリーナ・ヘレラ )
NYを拠点とする洗練された圧倒的に美しいシルエットを作り出すドレスブランド。

100 – 09396 / CAROLINA HERRERA(キャロリーナ・ヘレラ)/スレンダーライン

 

滑らかな落ち感がエレガントなこちらのスレンダードレスは、
斜めに入る切り替えがボディラインをより美しく見せてくれます。
華奢なベルベットのブラックのストラップがアクセントとなり、ぐっとしまった印象に。

 

イヤリングも合わせて
CAROLINA HERRERA(キャロリーナ・ヘレラ) のものを。
ブラックリボンで女性らしい中にもフェミニンな印象をプラスすると、イメージもがらっと変わります。

お色直し用のウエディングドレスとしてもおすすめの1着。
CAROLINA HERRERA(キャロリーナ・ヘレラ)のドレスで お洒落なブライダルスタイルを
演出されてみてはいかがでしょうか?

THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)京都店にて皆様のご来店を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご試着は、THE TREAT DRESSING(ザ・トリートドレッシング)京都店にて承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご試着のご予約はこちらから>>>

もっとドレスをご覧になりたい方はこちら>>>

【新作】Elizabeth Fillmore(エリザベス・フィルモア)スレンダーライン

2018/05/03

おふたりの大切な方々に囲まれる、最良の一日。
どんな1着で皆様をお迎えしたいですか。

もしも、「人とは違ったウエディングを楽しみたい」「ゲストに新鮮な驚きを感じていただきたい」と思っている花嫁様がいらっしゃれば、きっとこちらのドレスに心くすぐられるのではないでしょうか。

 

Dress:100-9445-001
Elizabeth Fillmore(エリザベス・フィルモア)/スレンダーライン

 

「モダンロマンチック」をテーマに掲げるElizabeth Fillmore(エリザベス・フィルモア)らしい、目を惹くバックスタイルのブラックリボン。
大胆かつ斬新、一見モードな印象が強いですが、リボンの素材は透明感のある柔らかいシルクシフォンなので、とても女性らしい雰囲気でお召いただけます。

フロントは少しレトロな雰囲気漂う、ハイネック&アメリカンスリーブ。
繊細なレースが美しくデコルテを彩ります。

落ち着いたベージュの色味がややボヘミアンテイストのスパイスも入っているので
ヘアメイクによってはガーデンウエディングの雰囲気にもマッチします。

Elizabeth Fillmore(エリザベス・フィルモア)の創り出すドレスは、非常に繊細な生地を使用し、洗練されたシルエットのものばかり。
風になびく軽やかさは上質な素材にしか出せないもの。
内生地にまでシルク素材を使用することによって着心地の良さも感度の高い花嫁様に選ばれる理由のひとつです。

ぜひ店頭にて、触れてみてください。

きっとあなただけのブライズスタイルを叶えてくれるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご試着は、THE TREAT DRESSING(ザ・トリートドレッシング)京都店にて承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご試着のご予約はこちらから>>>

もっとドレスをご覧になりたい方はこちら>>>

pagetop PAGE TOP

close