MENU

トリートドレッシング 名古屋店 ブログ

メンズウェアのご紹介~フォーマルシーンにおける男性の装い~

2018/12/21

いつもTHE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)名古屋店のBLOGをご覧いただき、ありがとうございます。

お二人が主役のご結婚式。
本日は新郎様のお衣裳のテイルコート(燕尾服)とタキシードについてご紹介いたします。

新郎様衣装として、日本ではジャケットの裾が長いフロックコートをよく目にされると思います。
また結婚式に参列する際にお召いただく服装としてはスーツを選ぶ方が多いですよね。

THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)では、
自身を表現するということや男性の身だしなみとして、相手に敬意を表することを大切にしている為
タキシードとテイルコートのお取り扱いをしております。
タキシードは一見するとスーツに似ていますが、礼服なので分類が異なります。
礼服として何時でも何処にでも着ていける究極のシンプルを追及した装いこそがタキシードなのです。

フォーマルシーンでは数々のルールやマナーがあり、それらに縛られてしまい何を着ていけばいいのか
悩んでしまうこともあると思います。タキシードはTPOに合わせた男性の装いで、
自身がどこに行っても恥ずかしくないように、自身がより男性として魅力的に見えるよう設計されております。
タキシードと燕尾服
テイルコートはもともとイギリスの乗馬服が原型と言われており、
その名残として前裾が直角に切り取られて後裾が長いのが特徴です。
ホワイトタイ着用のテイルコートが最上級の礼装として、公式の晩餐会や格式高い結婚式などで使用されています。
実はテイルコートを簡略化したものがタキシードの為、フォーマルウェアの原型と言えます。
燕尾服とタキシード
フォーマルでは、『ルールに則り、それからルールを破る』と語られることが多い。
しかし実際にルールの厳しい結婚式やパーティーは数少ないと思います。

だからこそ、パーティーや記念日ではアレンジを楽しみ、厳かな会に参加する際は、
堂々とオーセンティックなスタイルを嗜むのが男性の理想の形なのではないでしょうか。

是非THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)でご新郎様も最良の1日を迎えられませんか。
皆様のご試着をお待ちしております。

THE TREAT DRSSING(ザ・トリート・ドレッシング)名古屋店でのご試着はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
THE TREAT DRESSING(ザ・トリート・ドレッシング)名古屋店の提携会場

THE NANZAN HOUSE(ザ ナンザン ハウス)
〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区 汐見町6番地
TEL 052-837-1117

THE KAWABUN NAGOYA(ザ カワブン ナゴヤ)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目12−30
TEL 052-222-7070

THE CONDER HOUSE(ザ コンダ― ハウス)
〒460-0008 愛知県名古屋市 中区錦二丁目20番15号 広小路クロスタワ 2F
TEL 052-684-7713

pagetop PAGE TOP

close