ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

osaka
大阪店

タキシードのコーディネートをご紹介

2022/08/31

結婚式とは大切な方々に日頃の感謝をお伝えする場でもあります。また、最良の1日のお写真は思い出として長く残り続けます。それゆえに当日の装いの印象を大事にされているお二人も多いのではないでしょうか。男性は身嗜みを整える事が大切であり、着用するタキシードのコーディネートによって印象は大きく変わります。時代の風潮に左右されない不変的な装いから、男性の確固たる信念と女性への配慮が垣間見えます。本日は、THE TREAT DRESSING(ザ トリート ドレッシング)大阪店よりタキシードのコーディネートにおける男性の身嗜みをご紹介します。

THE TREAT DRESSING大阪店のフォーマルコーディネートで合わせたショールカラーのブラックタキシード

 

TREAT Gentlemanがご提案するタキシードのコーディネート(フォーマルスタイル)

各国の名だたるドレスをセレクトしているTHE TREAT DRESSING(ザ・トリートドレッシング)のメンズラインとなるTREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)が提案したいセレモニーでの装い。それは、ブラックタキシードという正装である。襟には拝絹と言う光沢のある生地をつけたピークドラペルかショールカラーのエレガス感じるジャケットのデザイン、パンツには側章と呼ばれるラインが必ず入ります。
合わせるアイテムとしてはブラックのボウタイ、シャツには白無地のウィングカラーにダブルカフス、カフリンクスにはブラックオニキスを身に着け、足元はエナメルのオペラパンプスで整えます。これがタキシードの正統なルールと着こなしであり、結婚式においての男性の正統な装いです。

TREAT Gentleman(トリート ジェントルマン)では、毎年に2回イタリアで開催されるファッションの祭典、「Pitti Uomo(ピッティ ウオモ)」への買い付けを行っております。ピッティウオモとは世界各国のナショナルブランドが発表する新作を求め、多くのバイヤーが集うメンズファッションの見本市です。その買い付けの中で海外の職人の卓越した技術からなるインポートのタキシードのご準備と長年のバイイングの中で得た知識を基にオリジナルでタキシードの企画をしご準備しております。また、タキシードと同様にメンズアイテムも数多く取り揃えております。“これまでたくさんのご新郎様をお手伝いしてきた私たちだからこそ提案したいこと”会場の雰囲気、パーティコンセプト、叶えたいタキシードスタイル、ドレスとの相性…など、ご新郎様のお好みは大切にしながらも、様々な視点からタキシードスタイルをお考えいただき、たくさんの想いが込められた、おふたりらしい人生最良の日をお迎えいただきたいと考えております。

ザ・トリートドレッシングのタキシードに合わせるセブンフォールドの手結び蝶ネクタイ

ザ・トリートドレッシングがPITTI UOMOで買い付けをしているアリスメイドディスのゴールドカフリンクス


タキシードに合わせる小物について

タキシードに合わせる小物にはルールが存在します。男性のフォーマルスタイルで一番に思い浮かぶスタイルがタキシードですが、英国の皇太子や映画 007 のジェームズボンド、ゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットを歩くスターたちはタキシードを完璧に着こなしています。その理由は個性を活かしたオリジナリティを装うのではなく、忠実にルールを守ったアイテムを着用しているからです。「ドレスコード」と呼ばれるそれらのルールを守って装うことでタキシードとして最も正統で本格的な着こなしとなるのです。

■シャツ
ウィングカラーという、立ち襟を使用。胸元は比翼仕立て、くるみボタンと同様にボタンが隠された仕様が施されております。袖元はダブルカフスという袖が折り込まれた作りで、こちらもジャケットの袖口からシャツが見えた際に縫い目を見せない男性の細かな心遣いが表れます。

■タイ
”ブラックタイ”と呼ばれているほど、ブラックのボウタイがタキシードの装いとしては象徴的だと思います。タキシードの拝絹と共生地のシルク地であることもルールの1つです。よりフォーマルなタイは手結びの仕様になっており、手で結べる事で立体感が出ると共に華やかな印象を与えます。

■チーフ
白色が最もフォーマルとされており、素材はシルクかリネンのものを用います。

■カフリンクス
タキシードに合わせる色はブラックが正式です。その際、黒蝶貝かオニキスの石を用います。ブラックオニキスのカフリンクスはフォーマルスタイルのタキシードに欠かせないと言われています。袖元から覗く、カフリンクスはご新郎様が身に着ける唯一の装飾品だからこそ拘り抜いていただきたい部分です。

■シューズ
元来、タキシードは室内着であり足下はルームシューズとしてパンプスが好ましいとされていました。また、正装の際にはエナメルシューズを用いることが女性をエスコートする際の身嗜みとされ、それらを掛け合わせたオペラパンプスがドレスコードとして最もふさわしいとされました。トラッドなタキシードの足下にオペラパンプスを合わせたコーディネートは、品格を保ちながら遊び心も演出できます。

THE TREAT DRESSING大阪店がおすすめするエナメルシューズ


TREAT Gentlemanがご提案するタキシードのコーディネート(カジュアルスタイル)

ブラックタキシードに身を包み最愛のパートナーと共に挙式・披露宴をお過ごしいただいた後はお色直しに進みます。装い新たにお色直しのパーティシーンではドレスダウンしたスタイルで参列されるゲストの皆様との歓談や余興のお時間を楽しんでいただきたい。トリートジェントルマンではお色直しのパーティーウェアも豊富にお取り扱いしております。トレンドのカラーであるブラウンやベージュカラーのウェアなど、季節や会場に合わせてお二人のイメージをお伺いさせていただきながらご提案させていただきます。また、その装いに合わせるお小物にも拘ってお選びいただけるよう、イタリア・イギリスを中心としたカジュアルアイテムを買い付けております。こちらのコーディネートはリネンのプリーツシャツを使用し、シャンタン素材のタイを合わせることでシーズン問わず軽快な印象を与えてくれます。お色味のバランスはタイ以外を同色でまとめ、レッドのソリッドタイを入れることでエレガンスさを演出します。

ザ・トリートドレッシングの赤い蝶ネクタイがポイントのベージュでまとめたワントーンカラーコーディネート

ザ・トリートドレッシング大阪店にあるプリーツシャツやサスペンダーを合わせたファッショナブルなお色直しコーディネート

タキシードに合わせるコーディネートのご紹介

セレモニーでの装いを理解した上でご自身らしいコーディネートを楽しむ事。大切な1日だからこそ、身に纏うタキシードやアイテムに拘りお選びいただきたいと思います。タキシードという正統なスタイルで、あなたにしかない人生を、あなたららしく、表現していただきたい。トリート ジェントルマンでそんな大切な時間の装いをお手伝いさせていただきます。

TREAT Gentlemanの最新の情報を知りたい方はこちら>>>

もっとメンズスタイル・アイテムについて知りたい方はこちら>>>

お取り扱いしているブランドについてはこちら>>>

ご試着のご予約はこちら>>>

【トリートオリジナルオーダータキシードに関しましてお知らせ】
昨今の新型コロナウイルス感染症により工場の受注停止を受けまして販売を一時停止しております。
販売再開の時期は現在未定です。お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
また、チッチオのオーダータキシードに関しましては引き続き受注をお受けしております。