ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

addition
表参道(アディション店)

Party Report~Monique Lhuillier~

2021/12/31

【Date】2018.03.18
【Pleace】Andaz Tokyo(アンダーズ 東京)

桜のつぼみがほころび始めた春先。
“Personal Style”という意味を持つ「アンダーズ東京」にて
お式を挙げられましたお二人のパーティをご紹介いたします。

【Dress】Monique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)
【Dress Number】100-09149

ご新婦様が運命の一着として選ばれたのは、
Monique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)のAラインのwedding Dress
わたしたちがずっと大切にしているブランドの一つである
Monique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)がモットーとしていることは、
エレガント、フェミニン、そしてモダンであること。
ご新婦様はそれを体現するような着こなしをしてくださいました。

お肌にレースが溶け込むような繊細なディティール。
誰もが目を奪われる優美なシルエット。
腰元からふんわりと広がる柔らかなチュールが神秘的な存在感を放ちます。


あえて華美な装飾はせず、シンプルに、
揺れるたび煌めくシルバーのイヤリングを合わせて。
グリーンとホワイトでまとめたクラッチブーケでナチュラルな印象に。




ゲストの笑顔を包みこむようにグリーンをたっぷりあしらったパーティー会場。
高砂はソファでリラックスした雰囲気に。
ゲストの皆様との会話を楽しんでいただけるスタイルです。

ペーパーアイテムにはローズマリーを添えて。
ラグジュアリーで都会的なアンダーズ東京にマッチするスタイリッシュなコーディネートです。


披露宴ではベールを外してヘアはダウンスタイル。
ニュアンスヘアが柔らかにマッチしています。
ブーケはワインレッドとロイヤルパープルを基調としたシックなデザインにチェンジ。


ご新郎様は男性の身だしなみのお衣装として
ブラックのフォーマルなタキシードにエナメルのシューズをあわせて。
【Tuxedo number】300-04021
アメリカ発祥のショールカラーはお二人の装いをより華やかにドレッシーに見せてくれます。

お子様はブラックのジャケットにブルーの蝶ネクタイと、
なんとも可愛いらしいコーディネート。

お二人の大切な1日にこのドレスを選んでくださったこと、運命のように感じます。
お二人のお手伝いをさせていただき本当に幸せでした。
どうぞ末永くお幸せに。

THE TREAT DRESSING ADDITION(ザ トリート ドレッシング アディション)店へのご予約はこちらから