ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

fukuoka
福岡店

福岡で人気の結婚式場ウィズ ザ スタイル フクオカにおすすめの新作ウェディングドレス~VIKTOR&ROLF MARRIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)~

2022/01/24

ウィズザスタイルフクオカの専属ドレスショップを務める THE TREAT DRESSING (ザ トリートドレッシング) 福岡店に、VIKTOR&ROLF MARRIAGE (ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ) より新作ウェディングドレスが届きました。2016年にスタートして以来、今までに見たこともないような革新的なブライズスタイルで世界中の花嫁の注目を集めるこちらのブランド。 立体的で構築的なファブリックが魅力の2人の男性デザイナーによって生み出されるドレスの数々は、一目見るだけで彼らのデザインであると確信するほどの個性を持ち、まるでアート作品のように見る人の心を惹きつけます。福岡店の提携式場であるウィズ ザ スタイル フクオカは、アットホームでありながらも、ホテルらしい上質なひとときを過ごせる会場です。そんなウィズ ザ スタイル フクオカには、個性的でありながら洗練されたウェディングドレスがおすすめ。まさにそんな1着をVIKTOR&ROLF MARRIAGE (ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)よりご紹介いたします。

ウィズザスタイル福岡でのナチュラルウェディングを叶えるマーメイドラインのドレス

 

ヴィクター アンド ロルフ マリアージュの世界

ウェディングとファッションの境界を飛び越える挑戦的なドレスを生み出し、世界中の花嫁を驚かせ、夢中にさせてきたヴィクター アンド ロルフ マリアージュ。マリアージュラインとして5周年を迎える2022 Spring Summer collection では、フィルムノワールの雰囲気で撮影されたLOOKを発表しました。60年代のグレースケリーを彷彿とさせるような”上品でクラシカルなテイスト”と、ブランドのシグネチャーである”リボンやティアード、チュールのカスケードラッフル”が絶妙に融合されたエッジの効いたドレスの数々には、モードを愛する花嫁なら誰もが心ときめくはず。60年代といえば、第二次世界大戦から15年後。激動のこの時代は、ファッションを通じて自分自身を表現するという人々の強い意志を感じる時代でもありました。そして今、世界はパンデミックにより新たな激動の時代を迎えています。暗く沈んだ世の中の不安を吹き飛ばすような魅力とパワー溢れるコレクションからは、ヴィクターとロルフが衣装に込める想いと夢を感じます。
グレースケリーのような上品でクラシカルなウェディングドレス
モード過ぎずナチュラルすぎないお洒落なウェディングスタイルを求める花嫁にぴたっり

デイジーモチーフが咲きこぼれる
マーメイドラインのウェディングドレス
~リラックス感あるパーティーでのコーディネート~

今季のコレクションで発表されたデイジーモチーフ。花弁のセンターを飾るクリスタルが、まるで春の陽光のような優しくまばゆい幸福感を放ちます。マーメイドラインのスマートなシルエットと、愛らしいデイジーモチーフの絶妙なバランスは、ヴィクター アンド ロルフ マリアージュだからこそ。計算し尽くされたオフショルダーのネックラインと深くカットされた背中のVカット、身体にぴたりと沿うなめらかなクレープ素材は、どこから見ても抜け目なく美しいシルエットを叶えてくれます。
まさにウェディングとファッションの境界にあるドレスは、ウィズザスタイルフクオカのようなオリジナリティ溢れるパーティーが叶う会場にぴったりです。あなたらしく自由なコーディネートを楽しんでみては。リラックスムード漂うパーティーでは、無造作なダウンヘアにゴールドのシャープなイヤリングを合わせた、スタイリッシュでありながらエレガントなコーディネートはいかがでしょう。柔らかでリラックスしたムードを感じさせるコーディネートは、昨今需要の高まる少人数での、ゲストの皆様との距離の近いパーティーにもおすすめです。

チュールのマーメイドラインのドレスは少人数の結婚式にもマッチします

ウィズザスタイル花嫁におすすめなオシャレで個性溢れるデイジーモチーフのウェディングドレス
リラックスしたムードのナチュラルウェディングにはコンパクトなシルエットのウェディングドレスを選んで
フラワーモチーフが可愛いチュールのマーメイドシルエットのレンタルウェディングドレス
ゴールドのイヤリングはモードでおしゃれなコーディネートに仕上がります
イヤリング:110-08405
エー ビー エリー

~大振りイヤリングを用いた
クラシカルでモード
なコーディネート~

モードを愛する花嫁には、思いきりクラシックに振りきったコーディネートはいかがでしょうか。一見ロマンティックさを感じさせるデイジーモチーフを、モードでシックに着こなして。60年代をリバイバルするような、シンプルなショート丈のベールにサテンのグローブ、ウェットに纏めたタイトなシニヨンヘアに深みのあるリップを合わせると、強く美しい2020年代の花嫁像が完成します。マットで上質なクレープ素材は会場に降り注ぐ光を浴びることで陰影を生み、その姿はミステリアスなほどに美しいのです。透き通るようなチュールスカートはチャペルの中で花嫁の凛とした存在を引き立ててくれることでしょう。耳元を飾る大ぶりのイヤリングはTREAT MAISON (トリートメゾン) が手掛けたもの。ヴィンテージジュエリーから集めたパーツを再構築したアクセサリーは、重厚感とクラシックな質感を持ちながらも、どこか新しいモダンな印象を放ちます。

大振りのイヤリングとサテングローブでクラシカルでモードな花嫁に
トリートメゾンのショートベールはシンプルでありながらモードな印象を叶えてくれます
キリスト教式ではマストアイテムのサテングローブは、クラシカルでモードなコーディネートにおすすめ

イヤリング:110-08409
トリート メゾン

“結婚は誰にとっても夢であるべき”と語るヴィクターとロルフが手掛けるドレスは、まさに特別な1日にふさわしい1着。好きな人とはじめてのデートで着るブラウスを選ぶように、愛する人との記念日ディナーのワンピースを選ぶように、一生に一度の最愛の人と過ごす結婚式のドレスも、心ときめかせ、自由に、自分らしく選択し、コーディネートしていただくこと、そのお手伝いをさせていただくことが私たちコーディネーターの使命でもあります。都会の喧騒の中に佇む今までにない新たなウェディングスタイルを提案するウィズザスタイルフクオカにて、ヴィクター アンド ロルフ マリアージュのウェディングドレスを纏い、お二人らしい一日を過ごせますように。トリートドレッシング福岡店にて皆様とお会いできることを心よりお待ちしております。