ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

osaka
大阪店

鶴見ノ森迎賓館におすすめのカラードレス〜VIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)〜

2021/02/27

THE TREAT DRESSING 大阪店(ザ・トリート・ドレッシング 大阪店)の提携の結婚式会場である鶴見ノ森迎賓館(つるみのもりげいひんかん。豊かな自然の中の邸宅で過ごすアットホームなパーティーに合わせて、VIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)から人気のカラードレスのご紹介をさせていただきます。

美しいファブリックが目を惹くVIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)

立体的で構築的なファブリックが特徴のVIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)。男性二名のデザイナーによって手掛けられているブランドで、オートクチュールからプレタポルテ、ウェディングまで多岐にわたり多くのコレクションを発表してきました。チュールがふんだんに使われたビッグフォルムのスカートやフリルの装飾、立体的なリボンやフラワーモチーフなど、独創的でアーティスティックなドレスたちはは、一目見ればVIKTOR&ROLF(ヴィクター アンド ロルフ)のドレスだと分かる程です。

このブランドの魅力は、本来であれば甘くなりすぎるチュールやリボンモチーフに大胆で優雅なエレガンスを感じさせる事。それは彼らならではの遊び心や、クオリティの高いクチュールテクニックが生み出してきたものです。

大阪の人気の結婚式会場の鶴見ノ森迎賓館のひだまりの森でグラデーションのザ・トリートドレッシングのカラードレスをお召になる花嫁様

Dress:101-09071

ドラマチックなシルエットでゲストを魅了して

今回、鶴見ノ森迎賓館に合わせたのは、コンパクトなビスチェとは対照的に腰から立体的に広がるビッグフォルムのAラインのカラードレス。ライムカラーのビスチェ部分には、上品な光沢もありながら、マットな質感も兼ね備えたボンデッドサテンという生地が使われています。やわらかな色味は、花嫁の幸福な雰囲気と共にお顔映りも明るくさせますね。普段ブライダルのドレスには使われない素材を彼らはあえて使用します。それはアートを愛し、洋服を愛し、身に纏った方の幸せを想像し、いつもドラマティックなドレスを創造することを愛しているからです。ドレープを効かしたビッグボウは、VIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)らしい遊び心を感じさせると共に、ウエストをすっきり見せてくれます。女性の美しいシルエットも大切にすることを彼らは忘れません。

またウエストから広がるビッグフォルムのスカートには、たっぷりとチュールを重ね、花嫁の幸福感を演出する事も忘れません。ライム、セレストブルー、グレーの色味が織り交ぜられたグラデーションのスカートは、光が当たった際、歩みをすすめたときのチュールの重なりによっても印象を変えます。360度違った表情を魅せてくれるこちらのドレスはどこまでもアイキャッチでドラマティックです。

鶴見ノ森迎賓館にあるパーティー会場のひだまりの森では大きな窓から自然光がたっぷりと射し込み、お二人とゲストを暖かな空気で包んでくれます。天井のプロペラファンがゆったりとした時を演出し、豊かな自然の中の邸宅にゲストを招いたようなリゾートウェディングも叶えることができます。お色直し入場の際にはウェディングボートに乗ってご登場なさるサプライズ入場も人気です。ゆったりと水面に浮かぶボートと共に、たっぷりのチュールスカートに包まれた愛らしい花嫁に、ゲストの皆様もうっとりと見惚れる事でしょう。

ザ・トリートドレッシングのプリンセスラインのカラードレスをお色直しでお召になる花嫁様

大阪の人気の結婚式会場の鶴見ノ森迎賓館は、ウェディングボートに乗ってお色直し入場の演出が人気です。

Aラインのドレスをファッショナブルに着こなすコーディネート

ビッグシルエットのドレスに合わせたのは、軽やかさを感じさせるルーズに編み下ろしたヘア。存在感のある星のモチーフのヘッドアクセサリーと、スクエア型のスワロフスキーが施されたイヤリングをセレクトしました。耳たぶに添うようにイヤリングを斜めにつけるとモードでファッショナブルなスタイリングを叶えます。メイクも、もちろんこだわりを持って、頰にのせたコーラルカラーのチーク、アーモンドのような少しブラウンがかったリップを合わせることで、春や夏のご結婚式らしいヘルシーな雰囲気を演出するのはいかがでしょうか。

そしてブーケも花嫁のイメージを大きく変える大切なアイテムです。トータルコーディネートを考え、暖かな陽光、穏やかな時間、大切な方々が集まる当日のことを思い浮かべながらセレクトしたのは、白と紫のチューリップ。カラードレスのパステルカラーより少しカラートーンの濃い色を合わせる事でコーディネート全体が引き締まります。一輪だけでも存在感が出るチューリップは、花嫁の愛らしい魅力を演出します。

ザ・トリートドレッシングのAラインのカラードレスに合わせてルーズな編みおろしヘアを合わせたお色直しのコーディネート

ザ・トリートドレッシングの緑のカラードレスに合わせた白と紫のチューリップのブーケ

Earring:110-08378/AUDEN(オウデン)

Bonne:104-08286/JENNIFER BEHR(ジェニファー・ベア)

ご結婚式に向けて、そこで過ごす特別なひとときをワクワクと想像しながらお二人はご準備を進めていきます。大切な一日を、よりお二人らしく彩るために、ご結婚式会場や季節も含めてトータルコーディネートのご提案をさせていただきます。

 

THE TREAT DRESSING大阪店へのご予約はこちらから

≫≫THE TREAT DRESSING大阪店≪≪

-Archive-

鶴見ノ森迎賓館におすすめのカラードレス〜Jenny Packham(ジェニー・パッカム)〜