ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

osaka
大阪店

Elie Saab Bride(エリー サーブ ブライド)〜新作ウェディングドレスのご紹介~Vol.2

2022/05/10

今回は前回に引き続き、最高峰の素材と精巧なクチュールテクニックが圧巻のオートクチュールブランド、Elie Saab Bride(エリー サーブ ブライド)のウェディングドレスのご紹介です。世界中の王室やセレブリティから厚い支持を受け “レッドカーペットの王”とも呼ばれるElie Saab Bride(エリー サーブ ブライド)から届いた新作ウェディングドレスをTHE TREAT DRESSING(ザ トリート ドレッシング) 大阪店よりご紹介いたします。

 

エリー サーブ ブライド2022年秋冬コレクション

昨年10月に行われたニューヨークブライダルファッションウィークで発表されたエリー サーブ ブライドの新作コレクションのテーマは「動く肖像画」。上質なシルクと繊細なレース、精巧なディテールが織りなすドレスは、花嫁が纏うことによって生まれる素材の動きに着目し創り上げられたコレクションです。常に変化しながらも、永遠に輝く花嫁の女性らしさと優美な威厳を表現。巨匠エリーサーブが女性らしさを追求した今季のコレクションは、まさにテーマの“肖像画”の通り、身に纏った瞬間からうっとりするほど壮麗で芸術的なドレスばかり。2wayでお召しいただけるオーバースカートや、ユニークなシェルモチーフの刺繍を取り入れたトレンド要素と遊び心もあるドレスたちも発表され、最高級のマテリアル、繊細な刺繍、卓越したクオリティからなる、ラグジュアリーかつコンテンポラリーなエリーサーブ ブライドのウェディングドレスたちは私たちも魅了されました。そんな全てにおいて最上級の究極に洗練されたドレスは花嫁を夢見心地にさせてくれ、特別な一日にふさわしいドレスではないでしょうか。韓国ドラマ・愛の不時着で話題のソン・イェジンが結婚式でお召しになられたエリー サーブ ブライドの袖コンシャスなウェディングドレス

ビッグリボンが華やぐマクラメレースのボールガウン

ウエストから美しく広がるボールガウンのシルエットに、繊細で緻密なマクラメレースがあしらわれたウェディングドレス。力強い彫刻のように美しく広がるスカートはエリーサーブ ブライドらしいラグジュアリーな荘厳さを演出します。奥行きと透明感を感じさせる小花柄のマクラメレースはチャーミングな存在感を放ち、両肩にあしらわれたキャッチーなリボンは、まるでミューズのような柔らかな女性らしいお姿を約束してくれます。優雅なシルエットをモダンな要素がフレッシュに昇華させた、愛らしくフォトジェニックな1着です。緑豊かな風景に爽やかに映え、これからの季節にもぴったり。光の差し込む開放的な披露宴会場や、アットホームなガーデンパーティーにもおすすめです。

 

ザガーデンオリエンタル大阪におすすめの愛の不時着の韓国花嫁ソン・イェジンが着用したエリー サーブ ブライドの肩が付くマクラメレースのウェディングドレス

ミニマムなコーディネートで飾らないブライズスタイルを

抜群の存在感を放つドレスには、作りこみすぎないナチュラルなヘアメイクやアクセサリーがおすすめ。心より愛する人と、目を合わせるだけで頬を染めるようなピュアなメイクと、耳元の可憐に咲くミニマムなフラワーイヤリングが花嫁のイノセントな表情を品よく彩ります。そこに柔らかく風に揺れる繊細な花束を合わせれば、大切な方々の笑顔と幸福感であふれた、心温まる時間をお過ごしいただくのにぴったりなスタイルの完成です。ザトリートドレッシングで取り扱いをしているエリー サーブ ブライドのレースの肩付Vネックのウェディングドレスはゴールドアクセサリーとかすみ草でコーディネート ザトリートドレッシングで取り扱いをしているエリー サーブ ブライドのレースのウェディングドレスはダウンスタイルとピンクのウェディングメイクで可憐なスタイリングに

愛の不時着で話題の韓国女優ソン・イェジンが着用したエリー サーブ ブライドのウェディングドレスはザトリートドレッシング大阪店で試着いただけます

エリー サーブ ブライドのエッセンスがぎゅっと詰まったウェディングドレスはいかがでしたでしょうか。真のラグジュアリーブランドと称され、上流階級の女性たちを虜にしてきたエリー サーブ ブライドだからこその、究極に上質で女性心をくすぐる特別なドレス。愛するパートナーと大切なゲストをおもてなしする特別な1日におすすめさせていただきたい1着です。ぜひ、袖を通してみてください。きっと、ときめいてくださるはず。皆様のご来店を心よりお待ちしております。