ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

トリートドレッシング 神戸店 ブログ

メンズコーディネートのご紹介~Party Style~

2021/03/07

昨今、世界中のファッショニスタのスタイルを彩るアイテムの1つである“スカーフ”。TREAT gentlemanがご提案する、メンズコーディネートの中でも人気のアイテムです。Party Styleからお召しいただく事で男性の色気をより引き立たせ、厳格な挙式との印象の違いを与えることが出来ます。男性にはあまり馴染みのないアイテムでどのように使うのか?と疑問に思う方も多いと思います。

今回はそんなスカーフを使用したメンズコーディネートをご紹介させていただきます。

女性が身に着ける事が印象的なスカーフですが、歴史を紐解くと実は男性の装飾品として生まれたものでした。男性が装飾品としてベルトなどを首に巻いたことから始まり、すぐに女性の間にも広まりました。ブランドによって素材や糸の細さ、形など様々な要素からコーディネートの幅を広げてくれます。

スカーフを使用したコーディネート①

fiorio(フィオリオ)のスカーフを使用したこちらのスタイル。fiorio(フィオリオ)は世界的に有名なネクタイの生地産地であるイタリアのコモ地方でネクタイやスカーフなどのネックウェアや、ポケットチーフを中心に生産しているファクトリーブランドです。アルプスの水と、美しい自然や建造物に囲まれ生活している職人達の感性、その二つが揃って初めて完成するアイテム達はどれも目を引く逸品ばかりです。

中間色で新緑に映えるグレーのウェアに、同じくアースカラーで纏めたブラウンのソラーロのシャツ。緯糸に緑を使用しておりスカーフとの馴染みも良く、見る角度によって様々な印象を与え、暖かな陽の光と新緑の緑を背景によりナチュラルな雰囲気を醸し出してくれます。

スカーフを使用したコーディネート②

Atto Vannucci(アット ヴァンヌッチ)のスカーフを使用したスタイル。2011年にセブンフォールド社の加賀健二氏によってスタートしたブランドです。1930~40年代の膨大なアーカイブを元にリバイバルされた柄行をバイヤーが選定し、買い付けを行ったこちらのスカーフ。

ヴィンテージ感漂い目を引く柄行に、同系色のブラウンのウェアを合わせたこちらのコーディネート。シャツはスカーフがより映える様に襟元が立ち上がるようにボタンダウンを使用しており、プリーツの入っている為、エレガントかつカジュアルな印象を与えてくれます。

スカーフを使用したコーディネート③

ERRICO FORMICOLA(エリコ フォルミコラ)のスカーフを使用したスタイル。ERRICO FORMICOLAは、自身の名を冠にして2008年に立ち上げたブランドです。ナポリのブランドですが遊びの効いたミラノらしさも感じ、コットンとセタシルクから成る、細かい粒子の染料を使用することで、透き通った透明感のある発色を実現しています。

ブラックのウェアに合わせて、ナイトパーティーなどにピッタリなシックの雰囲気に。同色のミットナイトブルーのシャツを合わせることで、ブラックのウェアとのコントラストをより美しく際立たせ、纏まりのあるワントーンのコーディネートを実現します。

スカーフをお召しいただく事で紳士的かつ、自信も持ってお隣に並ぶご新婦様をエスコートいただけます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TREAT Gentlemanの最新情報をインスタグラムで紹介しています。詳しくはこちら>>>

もっとメンズスタイル・アイテムについて知りたい方はこちら>>>

お取り扱いしているブランドについてはこちら>>>

ご試着のご予約はこちら>>>