ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

kyoto
京都店

グレー+本振袖 和装コーディネートのご紹介

2022/10/03

日本の婚礼衣裳で白無垢や色打掛に次ぐ格の高い“本振袖”。お引き摺りとも言われる、本振袖は伝統的なスタイルですがモダンに昇華させることでトレンド感がありつつご自身らしさを出すことも叶います。一味違ったパーティーにしたいとお考えのおしゃれ花嫁におすすめしたい秋冬にぴったりのグレーの本振袖のコーディネートを THE TREAT DRESSING(ザ トリート ドレッシング)京都店 よりご紹介いたします。

グレー地の本振袖で上品なコーディネートを

日本人は、古来より柄や色によって四季を表現し、その移り変わりを楽しんだとされています。グレー地に水色や山吹色が入った本振袖。紅葉や梅、蝶などが相良刺繍という伝統技法により立体的に刺繍されアクセントとなっています。全体的に落ち着きのある本振袖だからこそ、あえて桃色の小物を多数使用することにより花嫁のもつピュアな柔らかさを演出し、上品さを醸し出します。

トリート京都店でおすすめしているのは古き良きを体現したグレーの本振袖です

京都エリアで結婚式を挙げられる花嫁にオススメの本振袖はグレー地で紅葉や蝶が美しい本振袖です

裏地が朱色の本振袖には桃色の柔らかい草履を合わせることで花嫁のピュアな美しさを惹きたてます

秋冬の結婚式におすすめの
柄ゆきに込められたストーリー

秋冬の結婚式におすすめしたい朱色や桃色、鶯色などを使用した紅葉と桜がともに刺繍された桜楓の柄の立体感ある本振袖。もみじは様々な種類の柄があり、ほぼ通年でお召しいただくことができ、親しまれてきました。紅葉の柄ゆきは楓が色づく様子から季節により色を変え美しい色で人々を喜ばせることから「世渡りがうまく幸せになれる」という意味。桜はいっせいに咲き誇るため、「繁栄」「豊さ」を表しており、嫁ぐ花嫁の幸せを願った本振袖なのです。このように一つひとつ意味が込められた和装を最良の一日に纏ってみてはいかがでしょうか。

東京の人気結婚式会場、ザソウドウ東山京都での結婚式を予定されている花嫁様におすすめの本振袖は、存在感を放つ立体的なオレンジの相良刺繍がポイントで華やかに引き立てます

秋冬の結婚式にお勧めの本振袖のコーディネートは全体を淡い桃色や鶯色でまとめたコーディネートです

モダンな花嫁姿を演出する髪飾り

最近ではショートヘアやボブスタイルの花嫁様多いのではないでしょうか。和装姿にあえてアップスタイルではなくショートヘアやボブでエフォートレスなヘアスタイルにすることで、昔ながらの伝統的な本振袖もモダンに生まれ変わります。髪飾りにはシルク素材を生かした立体的で美しいお花のモチーフを添えることでさらに今までの和装のイメージを覆し、ゲストの心に残る再入場を演出。emi takazawaの髪飾りは横振り刺繍といわれる、大正時代から続く日本の伝統技法を用いた繊細で上品な髪飾りで、職人の手で一つひとつ丁寧に作り上げられ非常に奥深く、和装との相性は抜群です。

京都の結婚式会場でお式を挙げられる花嫁におすすめの髪飾りはシルクを使用したなめらかな素材の横振り刺繍の髪飾りです

THETREATDRESSINGでは本振袖をはじめ、白無垢や色打掛などお取り扱いしており、そのなかでもコーディネートを自由に楽しめる本振袖は人気です グレーの本振袖には椿の模様が美しく描かれた帯を合わせることで落ち着いたなかにも明るく幸福感に満ちたコーディネートになります

本振袖 202-03271
半衿 205-08140
帯揚 207-07158
懐剣/箱迫/扇子/簪 209-06145
丸ぐけ 209-06144
抱帯 209-06134
帯 210-05051
髪飾り 204-06038 /204-06035
草履 211-09109

ただモダンにコーディネートするだけではなく、たくさんの伝統技法により、古き良き日本の伝統美を表現できます。また、和装のコーディネートに正解はありません。会場の装花やブーケ、大好きを詰め込んだコーディネートなど、合わせるものが自由な本振袖。京都エリアの和装に映える会場や前撮り等で、お一人おひとりのお好みやご自身らしさを出せる和装コーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。京都店では会場を熟知したコーディネーターより、ご提案させていただきます。是非、フィッティングへお越しください。