ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

ウェディングドレスのレンタル・購入ならザ・トリート・ドレッシング

Story from

nagano
長野店

藤屋御本陳で叶えるクラシカルで上質な結婚式

2021/07/20

クラシカルで上品な結婚式と想像すると、「ホテル挙式」を思い浮かべる方も多いはず。藤屋御本陣では、豪華なホテルとはまた違ったクラシカルさや上質さを味わいながら、タイムレスで特別な1日を過ごしていただけます。そんな素敵な結婚式を藤屋御本陣で挙げられたお二人を、THE TREAT DRESSING(ザ トリート ドレッシング)長野店のウェディングドレスと共にご紹介します。

その日は、桜のつぼみも膨らみ花を咲かせ始め、冬から春の訪れを感じさせてくれた、2021年 春分の日。

長野市のランドマークである善光寺の門前にあり歴史を感じる藤屋御本陳

藤屋御本陳挙式会場前の日本庭園で少し緊張されながらも撮影に臨むブラックフォーマルのタキシードをお召しになったご新郎様とトリートドレッシングで人気のAラインのウェディングドレスをお召しになったご新婦様

ローズモチーフのレースが美しいモニークルイリエのウェディングドレスをお召しになったご新婦様

 

上質なレースが目を惹くMonique Lhuillier(モニーク ルイリエ)のウェディングドレス

初めてお会いした時に感じたご新婦様の第一印象は、「上品で華やか」そして、「周りを明るくするような笑顔の持ち主」でした。その優美さゆえに、どんなドレスも着こなしてしまうほど。そんなご新婦様にご提案させていただいたのは、Monique Lhuillier(モニーク ルイリエ)。最上級のシルク素材を用いて表現されるモニーク ルイリエのドレスは、多くのハリウッド女優やセレブリティにも愛されています。国内ではザ トリート ドレッシングのみのお取り扱いという特別感もふまえ、藤屋御本陳の上質な会場に相応しいラグジュアリーなドレスブランドです。
そして当日はモニーク ルイリエのロマンティックな世界観を一日中味わっていただきたいという想いを込めて、テイストの異なるウェディングドレスを2着お選びになりました。モニークルイリエらしいエレガントな後ろ姿が印象的なAラインのウェディングドレスをお召しになったご新婦様

ウェディングドレス/003-90526
モニーク ルイリエ
親御様への感謝の想いを胸に行われるベールダウンセレモニー

ゲストに見守られながらバージンロードを歩くリングガール

胸元のカッティングが大胆で美しいモニークルイリエのAラインのウェディングドレス

厳かな雰囲気の中祭壇に向かうご新郎様とモニークルイリエのウェディングドレスをお召しになったご新婦様

ゲストの祝福に包まれながらバージンロードを歩くご新郎様ご新婦様

クラシカルなキリスト教式にマッチするオフショルダーのウェディングドレス

挙式のシーンには、ローズモチーフのレースがドラマチックで美しいAラインのドレスをチョイス。美しく透けるレースは軽やかで優美。自然光がたっぷり入るチャペルでは、透明感のあるドレスがゲストの目を惹く美しさを演出してくれます。そしてキリスト教式の厳かな雰囲気にマッチしたクラシカルなオフショルダー。胸元の大胆かつ繊細なカッティングは、上品さの中にもエッジィさと抜け感を絶妙に取り入れた、女性ごころをくすぐるデザインです。
このドレスに合わせてかすみ草のブーケと髪飾りを。新婦様のお名前の由来にもなった大切なお花で「幸福」や「感謝」という花言葉の通り、大切な結婚式という日にご家族への感謝の想いを伝えるのに最も相応しいコーディネートでした。柔らかな白の小花とグリーンがロマンティックな雰囲気にマッチし、シンプルだからこそご新婦様の華やかさがより一層引き立っています。お隣をエスコートしてくださる新郎様には格式の高いブラックフォーマルのタキシードを。初めは緊張されていたご新郎様も本番では凛々しく、時には笑顔を覗かせ、新婦様を完璧にエスコートされていました。ゲストへのおもてなしと春の訪れを感じさせる桜を飾ったウェルカムスペース

シンプルで洗練されたお二人手作りのウェルカムボード

春分の日に相応しい桜をふんだんに使用したウェルカムスペース

明治時代から大切に守り続けてきた藤屋御本陳の長廊下を歩き会場へ向かうご新郎様ご新婦様

かすみ草とカットレモンをあしらったフレッシュな印象のウェディングケーキに笑顔で入刀するご新郎様ご新婦様

披露宴入場の際は、スリーブを外しカジュアルダウンしてご登場。ゲストと近い距離で過ごされたいお二人のパーティイメージに合わせて、よりリラックスした印象となりました。

繊細なレースが美しいスレンダーラインのウェディングドレスをお召しになりゲストと楽しそうにお話しされるご新婦様

スタッフの祝福に囲まれながら仲良く披露宴退場されるご新郎様ご新婦様

アイボリーのチェンジジャケットをお召しになったご新郎様とモニークルイリエのスレンダーラインのウェディングドレスをお召しになりスタッフの祝福に囲まれながら仲良く披露宴退場されるご新婦様

ウェディングドレス/003-90339
モニーク ルイリエ

繊細なレースが美しいスレンダーラインのウェディングドレスでのお色直し

お色直しはスタイルの良さを活かしたスレンダーラインのドレスを。お持ちになるブーケもカラーをメインにエレガントな印象に。挙式でお召になったドレスより、さらに繊細で柔らかなレースづかいが素敵なドレスは、新婦様の身体に柔らかくフィットすることで女性らしさを引きだし、かつお肌をより明るく華やかに魅せてくれます。披露宴後半のテーブルラウンドでこのドレスを間近でご覧になったゲストの皆様は、モニーク ルイリエらしい上質で美しいレースづかいに魅了されたことでしょう。
新郎様はオールブラックのタキシードに比べて、柔らかくファッショナブルな印象になるアイボリーのジャケットをセレクト。藤屋御本陣のインテリアともマッチして、一気にモダンな装いに。

藤屋御本陳のバーカウンター前で披露宴後リラックスして撮影に臨まれるご新郎様とモニークルイリエのスレンダーラインのウェディングドレスをお召しになったご新婦様

歴史的建造物である藤屋御本陳のエントランスでナイトウェディングならではのラストショットを撮影するご新郎ご新婦様

ご家族のご意見を大切にされるからこそ沢山悩まれると同時に、ザ トリート ドレッシングでのドレス試着を心から楽しんでくださいました。
挙式後、ご丁寧に連絡をくださったお二人。当日の幸せな思い出だけでなく、延期をふまえて大変な準備期間であったこと、そんな中でもザ トリートドレッシングのドレスをお召しになることがずっと憧れで、その夢が叶ったことが本当に嬉しかったとお話ししてくださいました。そして「きっとこれからもお店の前を通ると幸せな気持ちを思い出すと思う」ともおっしゃってくださいました。ドレスを見るとその時の幸せな気持ちが蘇る…ザ トリート ドレッシングので出会っていただけたドレスが、当日だけでなく、これからの人生も彩ることができるのはとても嬉しく光栄なことであり、一緒に選ばせていただいたウェディングドレスは、私にとってもとても思い入れのある一着です。
これからのお二人の末永いお幸せを、スタッフ一同祈っております。

THE TREAT DRESSING長野店でのご試着予約はこちらから